南樽市場 生立ち、から誕生まで
南樽市場 生立ち、から誕生まで




生立ち

昭和初期当時、小樽市若松館前通り(映画館)にて
露天商を営んでいた方達が昭和13年露天商規正法により、
北海道の救済法(北海道非条令)によって、北海道内一号店
として昭和13年6月、高砂1丁目(現在若松2丁目)に
高砂市場が建設された。

当時では近代的で大変モダンな市場が完成したのである。
開店当時は大変な盛況でありました。

しかし,昭和16年大東亜戦争の勃発で、極度に物資の不足が
続き、食料品はもとよりすべての商品に統制法が施行され、
配給制度が始まり廃業を余儀なくされたのである。



南樽市場長屋時代
南樽市場誕生

終戦後昭和24年、戦前高砂市場の会長で佐々木春次氏を
始め赤石健治、尾形幸三、深澤定治、荒木七郎の各氏5名
により、創立発起人を結成し市場建設に邁進したのである。

この市場建設は、地元商業者及び樺太引揚者救済の名目による
建設のため、引揚者代表の益山義平氏の協力を得て、知事より
市場建設認可を受け、昭和24年6月25日、木造2階建て
(1階店舗2階住宅)の長屋方式の市場が完成しました。

完成当時、入居店舗数50店で食料品を主体とした小売市場が
営業開始しました。

翌昭和25年南小樽市場協同組合を結成し、初代理事長に
佐々木春次氏が就任。

以来、繁栄の一途を歩んできました。


完成当時の南樽市場
時代の流れとともに、木造建築の老朽化が著しく、また
環境衛生機能に立ち遅れ、そのため購買力低下により、
改築を余儀なくされました。

昭和43年6月春着工、同年12月に現在の市場が完成。
改築参加者33名にて営業開始をし、現在に至る。

当時では近代的で大変モダンな市場が完成したのである。
開店当時は大変な盛況でありました。

なお、完成当時は東北・北海道随一の市場として絶賛されました。




完成当時の賑わい


TOP

MAP

お店紹介

商品紹介

ご意見・ご感想

当サイトの情報・画像・HTMLなどの無断転載及びコピーは堅く禁じます。イメージキャラクターデザイン ="横山文代"さん。

 TEL: 0134-23-0722
 FAX: 0134-32-5167
〒047-0004 北海道小樽市新富町12番1号
メール:information@nantaruichiba.or.jp